フリーランスは、会社から仕事を与えられるのではなく、自ら行動して仕事を貰わなければなりません。会社員時代に独自のコネクションを築いておかなければ、独立しても中々安定した収入を得られないので、独立して間もない頃は仕事が無ければ自分の生活すらままならないこともあります。

フリーランスで結婚する為に必要な経済力は、それぞれの価値観によって異なりますが、少なくとも安定した収入を長く得続けている必要があります。最低でも3年間は安定した収入を得続けられなければ、結婚はするのはまだ待っておいた方が良いでしょう。また、業界によってはいずれ仕事が減っていって、安定した収入が得られなくなる場合もあります。そういったことを予想して、複数のスキルを身につけて、あらゆる方面から収入を得ることが大切です。社会保険ではなく、国民健康保険であったり、厚生年金ではなく国民年金に加入することになり、将来受け取れる年金額も会社員に比べると少なくなります。
フリーランスとしてある程度の地位を確立していれば、老後も安定した収入を得られますが、国民年金額は厚生年金よりも少ないので、それだけ長く働き続けることになります。結婚を考えている相手がいるのであれば、そういったリスクを考えて、自分の状況を教えてあげることも大切です。相手にそれを納得してもらった上で生涯を共に歩んでいく決意をしてもらうことができれば、今後も良い関係を続けることができます。これからもフリーランスとして働くのであれば、結婚生活を満喫するためにも継続して安定した収入を得ることを最初に考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>